【保存車めぐり】飛鳥山公園 D51853・都電6080号【その8】

こんばんは、暁です。

さて、今回は桜の名として知られる飛鳥山公園に保存されている保存車両を。

_DSC4204
都電荒川線の飛鳥山電停から徒歩4分、横断歩道を渡り交番を目印に飛鳥山公園の中へと入り、子供の声でにぎやかな児童公園のほうへと向かっていくと、今回紹介する都電6080号とD51853号が見えてくる。

_DSC4212
親子連れの憩いの場となっている、都電6080号。
1949年に製造されて都電の各路線を転々とした後、晩年は他の都電6000形と共に荒川線で運用され、1978年に同線の全面ワンマン化と老朽化に伴い廃車された後に、この飛鳥山公園に保存された。

_DSC4207
再整備からそこそこの年数が経過しているのか、前面部の窓ガラス(アクリル製のものに取り替えられている)こそ残っているが、側面部分の窓ガラスは欠落し、室内は少し荒れ気味で、側面部分のかつて窓ガラスが設置されていたであろう部分へと近づくと地元のヤンキー集団が書いたと思われる落書きがそこそこ目立つのが少し悲しくなってくる。

_DSC4210
省力化のためにカマボコ型ドームに改められたのが特徴の準戦時型D51のうちの一機、D51853。
同機は1943年に鷹取工場で製造され、晩年は長岡機関区から酒田機関区に転属して運用された後、1972年に動力近代化の流れを受けて廃車された後、この飛鳥山公園に保存されているのだが、危険防止のためにデフレクタ部に鉄の棒が溶接され、ステップ部分に登れない様に囲いが取り付けてあるが、状態はそこそこ。

(アクセス)

最寄り駅である都電荒川線の飛鳥山電停からは徒歩4分、JR王子駅からは徒歩6分と、思い立ったらすぐ行ける保存車両なので、これからの花見シーズンに向けて花見のついでに訪れてみてはどうだろうか。

…ということで、今回はここまで。

では、おやすみなさい。

(旧ブログより転載)
スポンサーサイト
2016-12-17 19:01 : 保存車めぐり : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

アクセスカウンター



現在の閲覧者数


このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

akatukidesuga

Author:akatukidesuga
彷徨える泡沫同人ライター

カメラ関係や変な街歩きなどを中心に、世間的にはニーズの低い特殊なジャンルの同人誌を執筆中。

只今、お仕事募集中。ギャラは1,000円~(応相談)

Twitter

是非ともフォローお願いします。

instaglam

検索フォーム

Google+

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書メーター

読書の記録
暁@先軍IYH功勲革命烈士の最近読んだ本