【八戸線名物の】TOHOKU EMOTIONを撮影する。【観光列車】

こんばんは、暁です。

さて、今回は八戸線でTOHOKU EMOTIONを撮影した記録でも。

今年もまた親類の関係で八戸線の沿線に帰省することとなったのであるが、冷房を使わなくとも風通しがいいので涼しい親類宅の居間で盆回りの間に「いいよなぁ、コミケ出展組は…」と氷の溶けかかったアイスコーヒーを片手に、ひたすらTwitterやinstagramを眺めていても仕方ないので、ウミネコの繁殖地として知られる蕪島神社まで行くことにした。

_DSC5918
(Camera:SONY α7 Lens:Tamron SP28-80mm F3.5-4.2(27A))
東日本大震災をも乗り越えた、蕪島神社の鳥居。
15年11月に蕪島神社の本殿が火災で焼失し、境内だった場所には仮設の賽銭箱が設置されているのだが、「境内を3周回って、カブとヒョウタンの石像を3回撫でると幸運に恵まれる」という事で、例にもれず境内を回っている途中で久慈方面から汽笛が鳴ったので振り向くと、何と八戸線の観光列車であるTOHOKU EMOTIONが走っている。

_DSC5923
(Camera:SONY α7 Lens:Tamron SP28-80mm F3.5-4.2(27A))
蕪島の岩肌とキハ110系改造の観光列車、TOHOKU EMOTION。
八戸線と蕪島海水浴場で海水浴する人々と絡めて撮影できるのも今の時期だけなのだよなぁ、と思いながら、境内を回ってカブとヒョウタンの石像を3回撫でて参拝した後、海水浴場近くにある仮設の社務所にて、「転職と同人活動、共に成功できますように」という事で出世祈願のお守りを購入したのであった。

…という事で、今回はここまで。

では、おやすみなさい。
スポンサーサイト
2016-08-16 18:25 : 乗り鉄・撮り鉄旅 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

アクセスカウンター



現在の閲覧者数


このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

akatukidesuga

Author:akatukidesuga
彷徨える泡沫同人ライター

カメラ関係や変な街歩きなどを中心に、世間的にはニーズの低い特殊なジャンルの同人誌を執筆中。

只今、お仕事募集中。ギャラは1,000円~(応相談)

Twitter

是非ともフォローお願いします。

instaglam

検索フォーム

Google+

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書メーター

読書の記録
暁@先軍IYH功勲革命烈士の最近読んだ本