スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

【購入報告】で、結局何買ったの? 2016年

こんばんは、暁です。

さて、今回は2016年に購入した「主要な機材」をまとめてみる事にする。

…とはいえ、2016年に購入した「主要な機材」とかっこ書きしたのは、今回ネタにする機材以外にも今年購入したうちの、部品取りやよくわからないジャンクなどを除いたものである事をご留意していただきたい。

_DSC4622
Tokina AT-X270AF(28-70mm F2.8)
90年代の報道カメラマンにも愛好されたロングセラーモデルの元祖、AT-X270AFを、初めてのF2.8通しズームとして購入。
最初はその重さに困惑していた(JC No.4も参照)が、それよりも「重い」F2.8通しズームレンズを成り行きで買ってしまった後は軽く感じてしまうレンズ、ということで、これから幅広いジャンルで使っていきたいところ。

_DSC4964
Minolta AF100mm F2.8 macro
泣く子も黙る100mmマクロ、実は買っていました。
手持ちの中で「AFが使える」貴重な中望遠レンズとして、様々な場面で重宝していたり。

_DSC5706
DSC-RX100
発売から4年経過してもなお、メモカメラとしては非常に優秀。

_DSC5120
Tamron SP35-105mm F2.8(65D)
盛岡のカメラ屋にて、4,320円という信じられない価格で買ったF2.8通しレンズ。
当時としては『ポートレート向けレンズ』という評価があった位に、コスプレ撮影で使う際にはすごく素晴らしいレンズなのであるが、それ以上にAFがLA-EA4を使っても悲しいくらい遅く、且つ大変「重い」のが玉に瑕なレンズである。

_DSF2171
FujiFilm FinePix X100
Fuji Xシリーズ第一号、FinePix X100をついに購入。
絞りによって性格が非常に変わるフジノン23mm F2や、OVFとEVFの両立を実現させたハイブリッドビューファインダーなど素敵な要素が満載で撮っていると非常に気持ちよくなるカメラである。

(なお、FinePix X100に関しては、サークルジャンク難あり500円の会の最新刊、『JC Junk Camera No.5 FujiFilm FinePix X100で遊ぶ。(定価:864円)』でも詳しくネタにしているので、興味のある向きは是非とも。)
JC Junk Camera No.5  FujiFilm FinePix X100で遊ぶ。
◎Booth:https://junkbox500yen.booth.pm/items/396462
◎DL.site様:http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ191069.html

_DSC6088
Tamron SP28-80mm F3.5-4.2(27A)
夏のほんの一瞬だけアダプトール2にハマっていた時期に購入したSP銘のレンズ。
このレンズ、等倍鑑賞で見ると厳しいのであるが、いざ「写真」として見ると大変素晴らしいものがあったので、解像などの要素以外にも「写真として見てイイか」という新しいレンズ概念が生まれてしまった。

しかしながら、アダプトール2にハマっていた頃から、気合入った時ではない「どうでもいい時」であってもフルサイズの機材を担いで撮影するの旅行先での機動性に難がある、という事もあり、α7購入以来、半ば棚の肥やしと化していたマイクロフォーサーズシステムを来るべき4K時代に対応するべく再編する事に。

_1840950
Panasonic DMC-G7
2016年のカメラとしては大変キツくなってしまったOM-Dを売却し、α7などと似通った操作性で且つ、GH4よりも進化した空間認識AFの採用でAF性能が飛躍的に向上したDMC-G7を「純正システムで運用するカメラ」として購入。

G7導入と同時に、長らく故障したまま放置していたSIGMA 30mm F2.8 EX DNをメーカー修理に出したところ、外観はそのままに中身は現行品同等となっていたが、「2016年に買った」訳ではないので除外。

2016年に購入した「主要な機材」を振り返ってみると、「買ったときにはいったい何を考えていたのか」という位に頭を抱えるモノばかりで、何ともしがたい部分があるのだが、来年買った機材に対してもこんな感じで頭を抱えていない事を祈りたいところである。

…という事で、今回はここまで。

_1060655
では…???
(皆様よいお年を。)
スポンサーサイト
2016-12-31 17:49 : 雑記・コラム : コメント : 0 :

【来年への】2016年 失敗写真を晒して成仏させよう。【糧か?】

こんばんは、暁です。

さて、自宅の大掃除と体調不良の都合で本日のコミケ(メカミリ・鉄道・カメラ系)に行けなかったので、2016年に撮影してしまった「失敗写真」を晒して何とか成仏させよう、というネタでも。

正直、2016年は今まで以上に「失敗写真」ばかり撮ってきたような気がするのだが、その理由としては「構図を考えず、適当に(というよりも放棄に近い形で)撮影した」というのがメインだったので、来年はそこを直していきたいところであるが…。

_DSC5171
(Camera SONY α7 Lens:Tamron SP35-105mm F2.8(65D))
盛岡駅周辺の再開発ビル群を背に、C58 239号機がゆっくりと走る。
鯉のぼりがはためいていたキャブ部分にピントを合わせたはずなのに、天候が土砂降りだったので何処にピントが合っているのかよくわからない写真となってしまったので、来年はリベンジしたいところ。

_DSC5669
(Camera:SONY RX100)
流し撮り風に撮影できてしまった国鉄原色機のEF64 1012(愛)と、EF64 1034(愛)の重連。
9月末に訪れた名古屋にて、リニア鉄道館に行くために名駅あおなみ線ホームにて列車を待っていると、EF64の重連貨物がやって来たのでRX100を取り出して慌てて撮影したのだが…碌に構図などを考えているような時間もなく撮影したものではなかったために結果的にとても変な感じになってしまった。

なお、撮影した2か月後にEF64 1012号機は運用離脱した、という事で、写真としてはアレであったが、国鉄原色機が活躍していた「記録」となったいう意味では良かったというか。

_DSF2104
(Camera:FujiFilm FinePix X100)
今度は街中スナップから一枚。
まだ1編成しか存在しない山手線のE235系と、渋谷の風景を絡めようと撮影した結果、何処にピントが合っているのかよくわからないし、まとまりもまるで存在していないような写真となってしまった。

来年こそはこんな「失敗写真」を撮影したくはないし、例え失敗に転びそうな場合であっても、うまいことハッタリ効かせて「凡作」として撮影したいなぁ…という事で、今回はここまで。

では、おやすみなさい。
2016-12-30 21:26 : 雑記・コラム : コメント : 0 :

【新刊告知】『JC Junk Camera No.5 FujiFilm FinePix X100で遊ぶ。』発売

こんばんは、暁です。

さて、今回はサークルジャンク難あり500円の会より本日発売の新刊同人誌、『JC Junk Camera No.5 FujiFilm FinePix X100で遊ぶ。』刊行のお知らせを。

JC Junk Camera No.5  FujiFilm FinePix X100で遊ぶ。

『クラカメじゃない、X100だッ!』

泡沫カメラ同人誌『JC Junk Camera』第5弾のテーマは、現代のハイアマチュアやプロに信頼されるシステムとなったFuji Xシリーズ第一号として登場したFujiFilm FinePix X100を取り上げる。

2011年春に発売され、その斬新なコンセプトからマニアのみならず多方面から好評されたFuji Xシリーズ第一号、FinePix X100は2017年現在においても35mmフルサイズミラーレス機のサブカメラとして通用するカメラなのか? 絞りによって様々な表情を見せるフジノン23mm F2レンズや、OVFとEVFの切り替えが可能なハイブリッドビューファインダーなどの視点から検証したりしなかったりする同人誌がここに。

後半には、FinePix X100で撮影した多数の写真で構成された写真集(の様なもの)、『FinePix X100と歩こう』を収録。

◆もくじ
・はじめに:70年代レンジファインダーコンパクトのデジタル版が欲しい!
・『丁度良さ』の塊としてのFinePix X100
・ハイブリッドファインダー
・X100のレンズ、フジノン23mm F2
・FinePix X100と歩こう
・あとがき
・既刊のご案内
(全20P:106MB/pdf形式)
◎Booth:https://junkbox500yen.booth.pm/items/396462
◎DL.site様:http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ191069.html

『JC Junk Camera No.5 FujiFilm FinePix X100で遊ぶ。』は、Booth/DL.site様にて、定価864円でダウンロード販売中ですので、Fuji Xシリーズ、もしくはX100初代の中古に興味のある向きは参考までに購入してみては?

…という事で、今回はここまで。

では、おやすみなさい。
2016-12-28 17:48 : 同人関連 : コメント : 0 :

【G7でも】安中貨物、こと5094レを撮影する。in 16年12月【撮ってみる】

こんばんは、暁です。

さて、今回は2か月ぶりに『安中貨物』こと、5094レを撮影した模様でも。

DMC-G7を導入して初めての5094レの撮影、という事で、今回は新機材導入にあたってメーカーへ修理に出した際に電子機器をそっくりそのまま現行品の物に交換されて復活したSIGMA 30mm F2.8 EX DNを装備して撮影することに。

_1840912
(Camera:Panasonic DMC-G7 Lens:SIGMA 30mm F2.8 EX DN)
EH500-56(仙貨)牽引の5094レ。
この撮影地で広角気味に捉えるには換算60mmが丁度いいのだろうか、と思ってしまう…。

img877
(Camera:Olympus XA2 Film:Ilford XP2 Super)
安中貨物撮影の帰りに土浦駅東口のヨットハーバーを撮影する。
9月末の名古屋・岐阜ラブレター遠征の際に栄のトップカメラのフィルムコーナーで買って、Olymupus XA2に詰めた期限切迫のIlford XP2superを、このコマでやっと撮り切ったことに何故だが感慨を覚えてしまった。

…という事で、今回はここまで。

では、おやすみなさい。
2016-12-24 23:14 : 乗り鉄・撮り鉄旅 : コメント : 0 :

【保存車めぐり】飛鳥山公園 D51853・都電6080号【その8】

こんばんは、暁です。

さて、今回は桜の名として知られる飛鳥山公園に保存されている保存車両を。

_DSC4204
都電荒川線の飛鳥山電停から徒歩4分、横断歩道を渡り交番を目印に飛鳥山公園の中へと入り、子供の声でにぎやかな児童公園のほうへと向かっていくと、今回紹介する都電6080号とD51853号が見えてくる。

_DSC4212
親子連れの憩いの場となっている、都電6080号。
1949年に製造されて都電の各路線を転々とした後、晩年は他の都電6000形と共に荒川線で運用され、1978年に同線の全面ワンマン化と老朽化に伴い廃車された後に、この飛鳥山公園に保存された。

_DSC4207
再整備からそこそこの年数が経過しているのか、前面部の窓ガラス(アクリル製のものに取り替えられている)こそ残っているが、側面部分の窓ガラスは欠落し、室内は少し荒れ気味で、側面部分のかつて窓ガラスが設置されていたであろう部分へと近づくと地元のヤンキー集団が書いたと思われる落書きがそこそこ目立つのが少し悲しくなってくる。

_DSC4210
省力化のためにカマボコ型ドームに改められたのが特徴の準戦時型D51のうちの一機、D51853。
同機は1943年に鷹取工場で製造され、晩年は長岡機関区から酒田機関区に転属して運用された後、1972年に動力近代化の流れを受けて廃車された後、この飛鳥山公園に保存されているのだが、危険防止のためにデフレクタ部に鉄の棒が溶接され、ステップ部分に登れない様に囲いが取り付けてあるが、状態はそこそこ。

(アクセス)

最寄り駅である都電荒川線の飛鳥山電停からは徒歩4分、JR王子駅からは徒歩6分と、思い立ったらすぐ行ける保存車両なので、これからの花見シーズンに向けて花見のついでに訪れてみてはどうだろうか。

…ということで、今回はここまで。

では、おやすみなさい。

(旧ブログより転載)
2016-12-17 19:01 : 保存車めぐり : コメント : 0 :

【M4/3】空間認識AFがいい? DMC-G7を使ってみよう!【新機材導入】

こんばんは、暁です。

さて、今回は新たに導入したマイクロフォーサーズ機材としてのDMC-G7のネタでも。

14年9月にOM-D E-M5を購入し、AF-Cが使い物にならなかったり、時々フリーズが起きたりその他諸々の欠点があったものの、主力機材として長いこと運用していた。とはいえ、フルサイズ機のα7などと併用していると「OM-D、連射以外は2016年のメイン機材として使うにはもう限界なのでは?」という事を強く感じてしまうことが多くなっていった。

_1060621
そんな折、4K撮影が可能で、動体撮影における歩留まり率の上昇という意味で期待できそうな「空間認識AF」を搭載したDMC-G7に興味を持ち、ファインダーなどの点で各種検討の上で、現行のα7を『基本的にはジャンクレンズを中心に使うMF機として、(LA-EA4やMC-11のような)ユニット交換では限定的ながらAF機としても使えるカメラ』とするならば、『高速連射や高速AF、手ぶれ補正などの各種最新技術を生かした上で撮影する為の軽量システム』としてマイクロフォーサーズのシステムを再定義した上で、OM-D E-M5の下取り価格も込みで総額18,500円という値段で購入した。

また、G7に合わせて昨年に買ったものの数ヶ月で故障したSIGMA 30mm F2.8 EXDNを、「修理代金が安い(5,860円)」という事で珍しくメーカーに修理を依頼し、数日で工場から戻ってきた。その際、最新ロットの部品を組み込んだ為なのか、動作時のレスポンスが今までより早くなっていたというおまけ付きというのが何とも嬉しい。

…という事で、テスト撮影として恵比寿駅近辺にて、日中に山手貨物線を走る列車である3086レを撮影することに。

_1840768
(Camera:Panasonic DMC-G7 Lens:SIGMA 30mm F2.8 EX DN)
E231系500番台トウ521編成。
狙ってもいないところから咄嗟に現れる在来線の車両相手であっても、G7の空間認識AFはちゃんと被写体を捉えているし、しかもそのAF精度にも満足できるレベルというのが凄い。

_1840777
(Camera:Panasonic DMC-G7 Lens:SIGMA 30mm F2.8 EX DN)
唐突に現れた、E235系トウ01編成。
山手線のE235系はまだ1編成しか運用していないので、運さえよければホームドア越しにその姿を見ることはあったが、後打ちながら撮影したのは初めてだったりするので嬉しかったりする。

_1840780
(Camera:Panasonic DMC-G7 Lens:SIGMA 30mm F2.8 EX DN)
EH500-41(仙貨)牽引の3086レ。
山手貨物線で日中見られる貨物列車としては貴重な3086レであるが、今度は街中の光景と絡めて撮影したい…と思ってしまうが、その際には以前訪れた新宿西口辺りの歩道橋から撮影したいものである。

…という事で、今回はここまで。

では、おやすみなさい。
2016-12-06 22:06 : 機材ネタ(デジタル) : コメント : 0 :
ホーム

アクセスカウンター



現在の閲覧者数


このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

akatukidesuga

Author:akatukidesuga
彷徨える泡沫同人ライター

カメラ関係や変な街歩きなどを中心に、世間的にはニーズの低い特殊なジャンルの同人誌を執筆中。

只今、お仕事募集中。ギャラは1,000円~(応相談)

Twitter

是非ともフォローお願いします。

instaglam

検索フォーム

Google+

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書メーター

読書の記録
暁@先軍IYH功勲革命烈士の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。