【実物大レプリカでも】予科練平和記念館へ、零式艦上戦闘機21型のレプリカを見に行こう。【迫力あり?】

こんばんは、暁です。

さて、今回は予科練平和記念館にて屋外展示されている零式艦上戦闘機21型のレプリカを見た話を。

_DSC4610
(Camera:SONY α7 lens:Tokina AT-X270AF)
茨城県阿見町にある予科練平和記念館は、かつて予科練で使われていた机やハンモック等の実物や特攻隊員の遺品等、当時の各種資料が多数並んでいる記念館であるが、その開館5周年を記念して太平洋戦争の初期に活躍した零式艦上戦闘機21型の実物大レプリカが新たに展示されたという事で、隣接する土浦駐屯地の一部公開と合わせて見に行くことにした。

_DSC4614
(Camera:SONY α7 lens:Tokina AT-X270AF)
この零式艦上戦闘機21型のレプリカは普段は格納庫の中で展示されているのだが、土日等になると格納庫から引き出されて様々な角度から見ることができるのであるが、エンジンがないこと以外はまるで実物のようである。

何故、予科練で実際に使われていた九三式中間練習機(赤とんぼ)ではなく、零式艦上戦闘機21型なのか。
零戦の隣に設置されていた看板の説明によれば「昭和15年に採用されて以降、零戦はその活躍により海軍パイロットを目指す予科練生の憧れの的でした。(中略)その当時の思いが強い零戦を採用しました。」とのことである。

_DSC4618
(Camera:SONY α7 lens:Tokina AT-X270AF)
格納庫から引き出された零式艦上戦闘機21型のレプリカ。
なお、この機体の尾翼部に施された「A60-05」という機体番号は実在していたものではなく、阿見町村合併60周年と予科練平和記念館の開館5周年というところから取られている架空の番号である。

_DSC4633
(Camera:SONY α7 lens:Tokina AT-X270AF)
なお、零式艦上戦闘機21型等にも用いられていた照準器である九八式射爆照準器(東京光学製)や九九式二〇ミリ機銃などは土浦駐屯地の資料館に展示されているので、年に数回行われる一般公開の際に見ることができる。

_DSC4622
(Camera:SONY α7 lens:Tokina AT-X270AF)
零式艦上戦闘機21型のレプリカをローアングルで撮ってみる。
今にも飛び立ちそうなくらいに精巧に再現された零式艦上戦闘機21型の実物大レプリカは、モデラーのみならず、土浦方面に車などで立ち寄った際には何かのついでに是非とも見ておいたほうがいいかもしれない。

…という事で、今回はここまで。

では、おやすみなさい。
スポンサーサイト
2016-06-11 22:21 : 裏街歩き : コメント : 0 :

【戦前からの】解体寸前のニコン大井製作所101号館を見る【工場を見る】

こんばんは、暁です。

さて、今回は16年4月より解体予定のニコン大井製作所101号館を見ていく。
ニコンの戦前からの工場を撮影するのに、SONY α7に、絶賛DL発売中の「JC No.4」で取り上げなかったミノルタのAF28-135mmという組み合わせは世間的にはどうかと思うが、それに関しては気にしない方向でお願いしたい。

_DSC4531
(Camera:SONY α7 Lens:Minolta AF28-135mm F4-4.5)
先日、品川方面に用事があり、そのついでに来月より解体されるというニコン大井製作所101号館でも見ていくか、という事で品川から横須賀線で滅多に使う機会がない西大井駅まで向かうことに。

西大井駅から徒歩5分、ニコンの工場があるという事で命名されたであろう「光学通り」という道路を通っていくと、ニコンの関連施設の中でもひときわ大きな工場が見えてくるが、これがニコン大井製作所101号館である。

_DSC4511
(Camera:SONY α7 Lens:Minolta AF28-135mm F4-4.5)
内部の様子は、先日デジカメwatchにてこのように紹介されていたが、ここで戦前から現代にかけて、ニコンFなどの世間一般においては「名機」と呼ばれるようなカメラや望遠鏡、半導体のステッパーなどの光学機器が設計、試作され、一部はここで生産もしていた、ということもあり、「ここで様々な光学機器が作られたのか」と感慨深くなってしまった。

とはいうものの、内部には当然入れない以上は各種取材記事と、撮った写真を見比べて「こんな感じになっていたのか」と想像する以上手段がないので、ここで設計されたカメラや、品川駅港南口にあるニコンミュージアムに展示されていたカメラやステッパーなどの各種製品を思い起こしながら建物を見ていくしかないのが悔しいところである。

_DSC4527
(Camera:SONY α7 Lens:Minolta AF28-135mm F4-4.5)
かつては軍民問わず様々な光学機器が設計・試作を経て製造されていたであろうこの工場も、今はただ敷地内に自由気ままに入り込んだであろう猫1匹の鳴き声しか聞こえなかった。

この101号館も16年4月より、1年半かけて解体されるということなので、今度こそはここで製造されたレンジファインダーやF一桁機、は現在でも中古では高値なので、設計・もしくは試作されたのかもしれないニコンのカメラを持って、この建物が解体される様子を撮影したいところである…が、次にここを訪れる機会はあるのだろうか。

・・・という事で、今回はここまで。

では、おやすみなさい。
2016-06-11 22:20 : 裏街歩き : コメント : 0 :

【83.4センチの】川崎で世界一短いエスカレーター、「プチカレーター」に乗る【旅】

こんばんは、暁です。

さて先日、諸事情で川崎へと行く用事があった。

_DSC5293
(Camera:SONY DSC-RX100)
堀之内はともかく、川崎、という個人的にあまり行きそうで行かない場所を歩いていくのは大変興味深かったのであるが、その中でも川崎駅前にある川崎モアーズの地下にあった、「世界一短いエスカレーター」というのは何とも興味深かった。

_DSC5286
(Camera:SONY DSC-RX100)
川崎モアーズの地下にあるこのエスカレーター、作られた経緯などは公式サイトに譲るとして、全長がわずか83.4センチ、段数は5段しかないという事で、「世界一短いエスカレーター」としてギネス記録にも認定されており、「プチカレーター」という愛称まであるというから驚きであるが、「プチカレーター」は下りのみで、「プチカレーター」の下には数段ほどの階段があるので、わざわざエスカレーターがここに作られた経緯がわからなくなる。

実際に乗って見ると、わずか数秒で下に到着してしまうのには驚いてしまったが、何とこの「プチカレーター」を一目見ようとする好事家、というのも多く、実際に川崎モアーズの案内コーナーで聞いてみると「よくここから「プチカレーター」までの道を聞かれる」とのことで、川崎市内のちょっとした観光名所となっている感じすら受けた。

川崎モアーズ地下にある、わずか数秒で下に到着してしまうエスカレーター、「プチカレーター」は、個人的には「ここまで突き抜けたトマソン物件は観光名所になるのだろうか」と思ってしまったスポットなので、気になった人は是非とも行ってみよう。

…という事で、今回はここまで。

では、おやすみなさい。
2016-06-11 21:19 : 裏街歩き : コメント : 0 :
ホーム

アクセスカウンター



現在の閲覧者数


このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

akatukidesuga

Author:akatukidesuga
彷徨える泡沫同人ライター

カメラ関係や変な街歩きなどを中心に、世間的にはニーズの低い特殊なジャンルの同人誌を執筆中。

只今、お仕事募集中。ギャラは1,000円~(応相談)

Twitter

是非ともフォローお願いします。

instaglam

検索フォーム

Google+

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書メーター

読書の記録
暁@先軍IYH功勲革命烈士の最近読んだ本