【保存車めぐり】青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸の保存車【その10】

こんばんは、暁です。

さて、今回は青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸の車両甲板に保存されている保存車両を。

_1850883
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
1988年の青函トンネル開通まで運航されていた青函連絡船の八甲田丸の車両甲板には、国鉄分割民営化の頃まで東北や北海道地域で活躍していた車両が数多く保存されている。

_1850902
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
車掌車ヨ6798と控車ヒ600形。
ヨ6798には、八甲田丸のシンボルマークが取り付けられている。

_1850907
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
郵便荷物車スユニ50 509とスユニ50 510。
RP誌558号によれば、スユニ50 509はオハ46 383、スユニ50 510はスハ43 2353の台車等の部品を流用して、1980年に名古屋工場で製造された北海道向け荷物車。暖房が内地向けの2000番台とは異なり、蒸気暖房のみの搭載なのが特徴。荷物列車の廃止で1986年に余剰廃車となった後に八甲田丸にて保存されている。

_DSF4140
(Camera:FujiFilm FinePix X100)
北海道で活躍した特急型ディーゼル車、キハ82 101。
八甲田丸での保存にあたって、特急マークは撤去されている。

_1850912
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
ローカル線用に投入されたDD16 31号機。
沖田祐作著『機関車表(RM301号付録版)』によれば、同機は1974年に川崎重工で製造され、1986年に五稜郭機関区にて余剰廃車となった後に八甲田丸の車両甲板に保存されている。

_1850913
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
最高速度65km/h制限の黄帯を巻かれた控車ヒ834。
青函連絡船における積み下ろし作業の控車として運用されていたヒ600形は八甲田丸の中に4両も保存されている。

(アクセス)

(入館料:大人別途500円必要)
JR青森駅から徒歩6分ほどで到着。

_1850891
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
また、館内にはかつてお台場の船の科学館で展示されていた青函連絡船の羊蹄丸から移設された『青函ワールド』という、昭和30年代の青森を再現した巨大なジオラマが移設されているので、こちらも見ものである。

…という事で、今回はここまで。

だは、おやすみなさい。
スポンサーサイト
2017-05-15 19:07 : 保存車めぐり : コメント : 0 :

【保存車めぐり】柏西口第一公園 D51453【その9】

こんばんは、暁です。

さて、今回は柏西口第一公園に保存されているD51453号機を。

_1850752
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
柏西口第一公園に保存されているD51453号機。
同機は1940年に汽車会社で製造され、まず原町機関区に配属されて以降は東北各地で活躍し、1968年には九州の出水機関区に転属し、1974年に吉松機関区で廃車となった後に柏西口第一公園に保存されている。

金網とフェンスだらけで全体の撮影こそしづらいが、露天で保存されているとは思えないほど状態は良好であり、近年はD51453保存会の手によって頻繁に整備されており、今年の5月にはイベントも行う模様である。

_1850756
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
キャブ周りには、横浜機関区の区名札と北柏駅までの甲種輸送札のレプリカ(?)が刺さっていたのであるが、九州から北柏までは甲種輸送、北柏から柏西口第一公園まではトレーラーによる陸送だったのだろうか、と想像してしまう。

_1850754
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
テンダ側より撮影。
なお、D51453号機はingressではポータルとして登録されているのだが、ingressの位置情報データを利用したPokemon'Goではポケストップではなくジムとして登録されているので、訪問の際は要注意である。

(アクセス)

JR・東武野田線の柏駅西口から徒歩10分。
地下道を経由し、柏中学校近くにある珈琲館柏店を右折すると、このD51453号機の姿が見える。

…という事で、今回はここまで。

では、おやすみなさい。
2017-04-23 19:34 : 保存車めぐり : コメント : 0 :

【保存車めぐり】飛鳥山公園 D51853・都電6080号【その8】

こんばんは、暁です。

さて、今回は桜の名として知られる飛鳥山公園に保存されている保存車両を。

_DSC4204
都電荒川線の飛鳥山電停から徒歩4分、横断歩道を渡り交番を目印に飛鳥山公園の中へと入り、子供の声でにぎやかな児童公園のほうへと向かっていくと、今回紹介する都電6080号とD51853号が見えてくる。

_DSC4212
親子連れの憩いの場となっている、都電6080号。
1949年に製造されて都電の各路線を転々とした後、晩年は他の都電6000形と共に荒川線で運用され、1978年に同線の全面ワンマン化と老朽化に伴い廃車された後に、この飛鳥山公園に保存された。

_DSC4207
再整備からそこそこの年数が経過しているのか、前面部の窓ガラス(アクリル製のものに取り替えられている)こそ残っているが、側面部分の窓ガラスは欠落し、室内は少し荒れ気味で、側面部分のかつて窓ガラスが設置されていたであろう部分へと近づくと地元のヤンキー集団が書いたと思われる落書きがそこそこ目立つのが少し悲しくなってくる。

_DSC4210
省力化のためにカマボコ型ドームに改められたのが特徴の準戦時型D51のうちの一機、D51853。
同機は1943年に鷹取工場で製造され、晩年は長岡機関区から酒田機関区に転属して運用された後、1972年に動力近代化の流れを受けて廃車された後、この飛鳥山公園に保存されているのだが、危険防止のためにデフレクタ部に鉄の棒が溶接され、ステップ部分に登れない様に囲いが取り付けてあるが、状態はそこそこ。

(アクセス)

最寄り駅である都電荒川線の飛鳥山電停からは徒歩4分、JR王子駅からは徒歩6分と、思い立ったらすぐ行ける保存車両なので、これからの花見シーズンに向けて花見のついでに訪れてみてはどうだろうか。

…ということで、今回はここまで。

では、おやすみなさい。

(旧ブログより転載)
2016-12-17 19:01 : 保存車めぐり : コメント : 0 :

【保存車めぐり】レトロでんしゃ館の保存車群【その7】

どうも、暁です。

さて、今回は名古屋市営地下鉄鶴舞線赤池駅から徒歩10分ほどの場所にあるレトロでんしゃ館の保存車を。

_DSC6326
(Camera:SONY α7 Lens:Tamron SP28-80mm F3.5-4.2(27A))
名古屋市交通局1421号。
1937年から製造され、1974年に名古屋市電が廃止されるまで運行されていた名古屋市電を代表する形式で、同形式の一部は名古屋市電廃止後も豊橋鉄道に譲渡されて近年まで冷房化改造の上で運行されていたが、現在は休車となっている。
そのうち、このレトロでんしゃ館に保存されている1421号は1938年に製造されたものである。

_DSC6328
(Camera:SONY α7 Lens:Tamron SP28-80mm F3.5-4.2(27A))
名古屋市交通局3003号。
戦時下において名古屋市が軍需生産の重要拠点だったため、工員輸送の為に1944年に製造された連接車両であるが、その後のワンマン化に難があるという事で1970年にいち早く引退した。

_DSC6323
(Camera:SONY α7 Lens:Tamron SP28-80mm F3.5-4.2(27A))
名古屋市交通局2017号。
1956年に走行時の振動などを少なくした『無音電車』として製造され、この車両に用いられた各種技術が後の名古屋市における地下鉄車両の開発にも生かされた車両で、1972年まで運行されていた。

_DSC6325
(Camera:SONY α7 Lens:Tamron SP28-80mm F3.5-4.2(27A))
名古屋市営地下鉄107号・108号車。
1957年の東山線用の開業と同時に登場した車両として当時最新の軽量モノコック構造とボディマウント構造を採用し、車体の色から『黄電』として親しまれたが、モノコック構造であるが故に冷房化が困難という事で87年に引退し、引退後は名古屋市地下鉄の藤が丘工場にて牽引車として用いられていた。

_DSC5782
(Camera:SONY RX100)
名古屋市電で運用されていた電動無蓋貨車、貨2号のフロントパネル。
元は名古屋市交通局が買収した名古屋電気鉄道の電車として運行されていたものを、1926年に架線修理用の貨車として改装したものであり、廃止後は藤が丘車庫を経て東山動物園に展示されていたが後に解体された。

◆アクセス

名古屋市営地下鉄の鶴舞線赤池駅から徒歩でバイパスを回り道して10分ほどで到着するが、「すぐに行けるのでは?」という所にレトロでんしゃ館の建物がバイパス越しに見えるのだが、横断歩道がないので結局は回り道するしかないのだ。

_DSC5779
(Camera:SONY RX100)
なお、レトロでんしゃ館に行く途中、どう考えてもPokemon GOに便乗したかのように、モンスターボールを模したイベントのポスターが街中にあったが、Pokemon GOで鶴舞公園が「ポケモンの巣」という事で有名スポットになったから、そこに商機を見出してグルメイベントを開催するという商魂たくましさを感じた。こういう流行に目ざとい人間になりたいものである。

…という事で、今回はここまで。

では、また。
2016-11-20 10:57 : 保存車めぐり : コメント : 0 :

【保存車めぐり】JR貨物 愛知機関区 EF64 77【その6】

こんばんは、暁です。

さて、今回はJR貨物愛知機関区の敷地内で保管中のEF64 77でも。

_DSC6475
(Cama:SONY α7 Lens:Tamron 80-210mm F3.8-4(103A))
JR貨物 愛知機関区近くの跨線橋から、お召塗装が施されたEF64 77を。
沖田祐作編『機関車表(RM301号付録版)』によれば、このEF64 77は1976年に川崎重工にて製造されて甲府機関区、立川機関区に配置された後に、1986年に稲沢機関区に転属して以降は愛知機関区に配属されていた。

86年10月に国鉄最後のお召列車を牽引した実績がある、という事で運用離脱後はお召仕様として整備の上で保管されているが、しばらく雨ざらしになっているのか塗装も色褪せ、盗難防止の為にナンバープレートとメーカーズプレートを取り外しているので何ともお召牽引実績のある機体、にしては少し悲しい状態となっていが、長く残す為には仕方ない部分か。

◆参考

JR稲沢駅西口から線路沿いに進み、県道62号線の跨線橋を進んだところから同機を撮影することが「運が良ければ」可能であるが、同機は展示物ではなく職員の教材として使用されているという事で、検修庫の中に入っていたり、撮影不能な場所な場所に入換えられていたりというケースがweb情報を見た限り結構あったので要注意。

…という事で、今回はここまで。

では、おやすみなさい。
2016-10-22 20:30 : 保存車めぐり : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

アクセスカウンター



現在の閲覧者数


このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

akatukidesuga

Author:akatukidesuga
彷徨える泡沫同人ライター

カメラ関係や変な街歩きなどを中心に、世間的にはニーズの低い特殊なジャンルの同人誌を執筆中。

只今、お仕事募集中。ギャラは1,000円~(応相談)

Twitter

是非ともフォローお願いします。

instaglam

検索フォーム

Google+

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書メーター

読書の記録
暁@先軍IYH功勲革命烈士の最近読んだ本