【保存車めぐり】京都鉄道博物館の保存車両【番外編】

こんばんは、暁です。

さて、先日まで諸事情で京都・大阪方面へと同行者を連れて行く用事があった。
その際、旧梅小路蒸気機関車館エリアも含めたら日本一の規模を誇る鉄道博物館である京都鉄道博物館に行く事が出来たので、数多い展示車両の中から特に気になる車両を電車を中心に取り上げる。

_1860337
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
現在でも大阪環状線で現役を続けている103系のトップナンバー、クハ103-1。
大阪環状線で長年運用についていた後、晩年は阪和線で運用されていた車両だが、廃車までの間にシールドビーム改造やスカート取り付け、Hゴム部分の金属抑え化や戸袋窓封鎖などの各種更新工事が施されている。

_1860358
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
本館の一番目立つ部分に展示されている『月光』幕のクハネ581-35と、『雷鳥』幕のクハ489-1。
現役時代にクハ489-1の反対側に連結されていた先頭車のクハ489-501は、ボランティアの手によって小松駅前に保存されており、保存維持料として300円払えば車内に入れるようだ。

_DSC6984
(Camera:SONY RX100)
訪問時、特別公開されていたクハ489-1の車内。
489系の末期に首都圏で運用されていた急行『能登』と『ホームライナー鴻巣』時代のままの車内広告が掲示されているのだが、車内広告で掲示されているCanon EOS50Dは今となってはいろいろな鉄道撮影地で見なくなったな。

_DSC6987
(Camera:SONY RX100)
クハ489-1の和式トイレ部分。
便器こそ製造当時からと思わしきステンレス製の和式トイレのままだが、近年まで運用されていたという事でバリアフリー対応の手すりが設置され、トイレットペーパー受けも近代化されている。

_1860357
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
『月光』幕のクハネ581-35。
同車は晩年には急行『きたぐに』で運用されていたが、17年5月までJR東日本でイベントや天理臨などの多客臨用として運用されていた583系N1・N2編成とは異なり、貫通扉部分を埋める工事は行われていない。

_1860359
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
保存にあたってJNRマークが復元された、クハネ581-35の側面部分。
スカート部分のスノープロウの他にも、台車側にもスノープロウが設置されていることが分かる。

_1860363
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
交通科学博物館時代からの引継ぎ品、キハ81 3。
改良型のキハ82の保存車は多いが、ボンネット型のキハ81の保存車は同車のみである。

_1860360
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
国産初の電気機関車、EF52 1。
沖田祐作著『機関車表(RM301号版)』によれば、1927年に日立笠戸工場で製造され、国府津機関区や鳳電車区を経て、1972年に竜華機関区にて廃車となった後に交通科学博物館に展示された後に京都鉄道博物館に至る機体。

_1860353
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
EF66 35と並ぶ、新幹線向け事業用車両、912-64の前頭部カットモデル。
沖田祐作著『機関車表(RM301号版)』によれば、1967年に日本車両名古屋工場で製造されたDD13 629を1975年に標準軌に改造したもので廃車まで博多総合車両所に配置されていた。

_DSC6989
(Camera:SONY RX100)
交通科学博物館時代から展示されている、151系『こだま』の実物大モックアップ。
実物の151系トップナンバーは川崎重工業の兵庫工場に保存されているが、そちらは今度見に行きたいな…。

_DSC6990
(Camera:SONY RX100)
これまた交通科学博物館時代から展示されている、101系の実物大モックアップ。
屋根部に設置されたパンタグラフの上げ下ろし体験ができるようになっている。

_1860362
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
末期には編成短縮化の上で山陽新幹線で運用されていた100系新幹線の122-5003号車。
製造時には2階建てグリーン車併結の『グランドひかり』で運用されていたそうだが、個人的には100系新幹線に乗車した記憶は引退前にJR東海所属車に一回乗車した位しか記憶にないのである。

(次回に続く…か?)
スポンサーサイト
2017-07-27 21:20 : 保存車めぐり : コメント : 0 :

【保存車めぐり】梅小路公園の京都市交通局保存車【その11】

どうも、暁です。

さて、今回は京都の梅小路公園にて保存されている京都市交通局の路面電車を。

_1860434
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
京都水族館近くに展示されている、京都市交通局935号車。
現在でも、この形式をワンマンカーに改造した京都市交通局1900形が広島電鉄に譲渡の上で運行されている。
(この京都市交通局935号車はingressではポータル、PokemonGOではジムとなっている。)

_1860433
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
京都市交通局935号車のある場所から京都鉄道博物館方面に少しばかり歩くと、京都市交通局で活躍していた路面電車がカフェやショップなどの様々な形で活用されている、梅小路公園の市電ひろばがある。
(ingressではこの市電ひろばの中にはポータルが2つもあるが、PokemonGOでは単体のジムとなっている。)

_1860428
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
市電カフェとして活用されている京都市交通局505号車。
この市電ひろばにある車両の中では一番古い大正時代の車両である。

_DSC6965
(Camera:SONY RX100)
市電カフェ名物の美山高原ソフトクリーム(300円)。
京都鉄道博物館に行く前に訪れたので、保存車両の撮影撮影そっちのけで車内に入って食べてしまった。

_DSC6969
(Camera:SONY RX100)
レトロなカフェとして活用されている京都市交通局505号車の室内。
今回食べた美山高原ソフトクリーム以外にも、電車の吊り輪を模した吊り輪パンも売っていた。

_1860429
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
ワンマン化などの問題で早く引退した、京都市交通局703号車。
車内は『市電ショップ』として、傘や靴下などの子供向けの鉄道グッズなどを販売している。

_1860430
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
京都市交通局890号車。
家庭用クーラーを取り付けられた上で、休憩室として活用されている。

_1860431
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
京都市交通局1603号車。
1937年に製造された603号車を後年にワンマンカー化等の改造を行ったもので、家庭用クーラーを取り付けられた上で市電ひろばでは休憩室として活用されている。

_1860418
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
京都鉄道博物館の前に保存されている、京都市交通局2001号車。
保存対象となった2001号車以外の車両は全て伊予鉄道に譲渡されて、現在でも活躍している。
(この京都市交通局935号車はingressではポータル、PokemonGOではポケストップとなっている。)
(アクセス)

JR京都駅から、JR京都線沿いに歩いて徒歩20分。
京都鉄道博物館に行くついでに、梅小路公園の保存車両を見に行くというのもいいかもしれない。

…という事で、今回はここまで。

では、また。
2017-07-21 13:09 : 保存車めぐり : コメント : 0 :

【保存車めぐり】鉄道博物館 クハ103-713【番外編】

こんばんは、暁です。

さて、今回は大宮の鉄道博物館にカットモデルとして展示されているクハ103-713でも。

_DSC5434
(Camera:SONY RX100)
京葉線で活躍していた塗装のままラーニングゾーンで活用されていた頃のクハ103-713。
2016年に訪問した時には、車両の前半分だけのカットモデルとはいえ、今では大阪環状線からも姿を消した103系高運転台車の貴重な保存車として車掌体験プログラムなどに活用されていた。

しかし、鉄道博物館のリニューアル工事の一環でラーニングゾーンを閉鎖し、そこに子供連れ向けのカフェスペースとプレイルームを作るにあたってクハ103-713はこんな姿になってしまったのである。

_1860195
(Camera:DMC-G7 Lens:Olympus Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5Ⅱ)
ラーニングゾーンのスペースから移動の上で、白をベースにかつて103系が活躍していた路線カラー(山手線、京浜東北線など)をイメージしたという5色の水玉模様の塗装(ラッピングかも?)となったクハ103-713。
よく見ると、危険防止のために前面部分の手すりなどが撤去されている。

_1860196
(Camera:DMC-G7 Lens:Olympus Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5Ⅱ)
『快速 てっぱく』の方向幕が掲示されている。
方向幕などのHゴム部分が後年の工事で金属抑えとなっている事に気づく。

(おまけ)
_1860199
(Camera:DMC-G7 Lens:Olympus Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5Ⅱ)
東武野田線のホームから撮影した大宮総合車両センターに入場中の小田急4061Fの中間車とクモヤ143。
鉄道博物館を訪れた数日後、小田急4061Fは大宮総合車両センターから出場した。

…という事で、今回はここまで。

では、おやすみなさい。
2017-06-10 22:11 : 保存車めぐり : コメント : 0 :

【保存車めぐり】青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸の保存車【その10】

こんばんは、暁です。

さて、今回は青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸の車両甲板に保存されている保存車両を。

_1850883
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
1988年の青函トンネル開通まで運航されていた青函連絡船の八甲田丸の車両甲板には、国鉄分割民営化の頃まで東北や北海道地域で活躍していた車両が数多く保存されている。

_1850902
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
車掌車ヨ6798と控車ヒ600形。
ヨ6798には、八甲田丸のシンボルマークが取り付けられている。

_1850907
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
郵便荷物車スユニ50 509とスユニ50 510。
RP誌558号によれば、スユニ50 509はオハ46 383、スユニ50 510はスハ43 2353の台車等の部品を流用して、1980年に名古屋工場で製造された北海道向け荷物車。暖房が内地向けの2000番台とは異なり、蒸気暖房のみの搭載なのが特徴。荷物列車の廃止で1986年に余剰廃車となった後に八甲田丸にて保存されている。

_DSF4140
(Camera:FujiFilm FinePix X100)
北海道で活躍した特急型ディーゼル車、キハ82 101。
八甲田丸での保存にあたって、特急マークは撤去されている。

_1850912
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
ローカル線用に投入されたDD16 31号機。
沖田祐作著『機関車表(RM301号付録版)』によれば、同機は1974年に川崎重工で製造され、1986年に五稜郭機関区にて余剰廃車となった後に八甲田丸の車両甲板に保存されている。

_1850913
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
最高速度65km/h制限の黄帯を巻かれた控車ヒ834。
青函連絡船における積み下ろし作業の控車として運用されていたヒ600形は八甲田丸の中に4両も保存されている。

(アクセス)

(入館料:大人別途500円必要)
JR青森駅から徒歩6分ほどで到着。

_1850891
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
また、館内にはかつてお台場の船の科学館で展示されていた青函連絡船の羊蹄丸から移設された『青函ワールド』という、昭和30年代の青森を再現した巨大なジオラマが移設されているので、こちらも見ものである。

…という事で、今回はここまで。

だは、おやすみなさい。
2017-05-15 19:07 : 保存車めぐり : コメント : 0 :

【保存車めぐり】柏西口第一公園 D51453【その9】

こんばんは、暁です。

さて、今回は柏西口第一公園に保存されているD51453号機を。

_1850752
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
柏西口第一公園に保存されているD51453号機。
同機は1940年に汽車会社で製造され、まず原町機関区に配属されて以降は東北各地で活躍し、1968年には九州の出水機関区に転属し、1974年に吉松機関区で廃車となった後に柏西口第一公園に保存されている。

金網とフェンスだらけで全体の撮影こそしづらいが、露天で保存されているとは思えないほど状態は良好であり、近年はD51453保存会の手によって頻繁に整備されており、今年の5月にはイベントも行う模様である。

_1850756
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
キャブ周りには、横浜機関区の区名札と北柏駅までの甲種輸送札のレプリカ(?)が刺さっていたのであるが、九州から北柏までは甲種輸送、北柏から柏西口第一公園まではトレーラーによる陸送だったのだろうか、と想像してしまう。

_1850754
(Camera:DMC-G7 Lens:Lumix G X VARIO 14-42mm F3.5-5.6)
テンダ側より撮影。
なお、D51453号機はingressではポータルとして登録されているのだが、ingressの位置情報データを利用したPokemon'Goではポケストップではなくジムとして登録されているので、訪問の際は要注意である。

(アクセス)

JR・東武野田線の柏駅西口から徒歩10分。
地下道を経由し、柏中学校近くにある珈琲館柏店を右折すると、このD51453号機の姿が見える。

…という事で、今回はここまで。

では、おやすみなさい。
2017-04-23 19:34 : 保存車めぐり : コメント : 0 :
ホーム  次のページ »

アクセスカウンター



現在の閲覧者数


このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

akatukidesuga

Author:akatukidesuga
彷徨える泡沫同人ライター

カメラ関係や変な街歩きなどを中心に、世間的にはニーズの低い特殊なジャンルの同人誌を執筆中。

只今、お仕事募集中。ギャラは1,000円~(応相談)

Twitter

是非ともフォローお願いします。

instaglam

検索フォーム

Google+

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

読書メーター

読書の記録
暁@先軍IYH功勲革命烈士の最近読んだ本